VPSサーバーについて

VPSサーバー(Virtual private server)とは、仮想専用サーバーのことです。
コンピュータゲームで遊んだことがある人も、ヴァーチャルな世界といえばイメージがつかめますよね。
仮想専用サーバーの場合は、主にビジネスの分野で役立つバーチャルな空間です。
1台のサーバコンピュータから、複数のコンピュータが仮想でつながっているというイメージなのです。仮想といってもしっかりアプリやOSを動かすことができるので、使いどころは大いにあります。

 

なぜ実在しない仮想のコンピュータを操るようにするのかといえば、実在するコンピュータを何台もサーバにつなげたら重い負荷がかかるからです。
仮想の技術でも、メモリやプロセッサ、ディスクなどがきちんと動作してくれるのですから、メインのサーバコンピュータ1台だけの負荷で済むのがVPSサーバーのメリットです。

 

VPSサーバーのもう1つのメリットは、別々のOSを1台のサーバーから自由自在に操作することができる点です。
WindowsにMacと一般に広く普及したOSだけでも2種類ありますが、エンジニアが操作するOSにはもっと選択肢があります。
複数のOSを同時に効率よく扱いたいところなのに、別々のOS機能を備えたコンピュータを1台ずつ用意するのでは不経済で非効率です。
そこで、複数のOSを仮想に操れるVPSサーバーが重宝するのです。

ip分散サーバーの安定しているところ


このページの先頭へ戻る